相続に必要な手続き


相続手続き:①行政機関への届出・申請、②お金をもらう手続き、③契約などの停止手続き、④専門的な知識が必要な手続き、⑤財産を引継ぐ手続き

 ご家族が亡くなると、その行う手続きは、死亡届に始まり様々なものがあります。

 主な内容として行政機関への届出・申請」,「お金をもらう手続き」,「契約などを停止する手続き」,「財産を引継ぐ手続き」,「専門的な知識が必要な手続き」に分類されます。

 

 また手続きには期限や時効があるものもあるため、何を優先的に行っていくかが非常に重要になります。

 これらの手続きを「①期限でみる手続き」,「②時効でみる手続き」,「③一定の期間内やった方がいい手続き」,「④期限はないが速やかに行う手続き」の4つの側面で網羅的にご説明させて頂きます。